テーマ:落語

寄席日誌・新宿末廣亭、桂歌丸。それと追分だんごのいちご大福。

ドラ母、ドラお、ドラ父で久々に末廣亭に行った。 桂歌丸を聞いた。「紙入れ」をはなした。 帰りがけに追分だんごでいちご大福と柏餅を買った。追分だんごは餅が柔らかくて美味しい。 写真は最近の畑。 桜が散り、夏の畑の季節がきている。とうもろこしの種を蒔いている。今年はマルチを敷いて、不織布をかけた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌・新宿末廣亭、桂米丸を聴いた。それと船橋屋の天丼。

末廣亭に行った。 友の会の更新をかねて行ったので、自分とドラ母は招待券と第一回分の入場券を使用、ドラおの分だけ中学生料金を払って入場した。今日は混んでいて、はじめて二階席に座った。意外と良く見える。 ボンボンブラザースを見た後に、桂米丸が出てきた。足が悪くイスに座っての落語だったが、飄々とした笑いと、映画話を聴けた。楽しく、さすが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:初夏の芝浜

久しぶりに末廣亭に行った。 3時半頃に入った。末廣亭友の会の招待券が4月30日までなので無駄にしたくないと、ドラ母、ドラおで行った。 連休とあってほぼ満席。家族離れて座るのも嫌なので立ち見とした。高座すぐ横の位置で立ったのでかなりいい場所。 入るとちょうど川柳川柳のジャズ落語を聞くことができた。そのあとの五街道雲助は好きな噺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:学校落語と久々の末廣亭

ドラおの小学校に落語家が来た。桂扇生で、演じたのはまんじゅうこわい なかなか面白かったらしい。 触発されて、金曜夕方に久しぶりに新宿末廣亭にどら母と行ってきた。 末廣亭友の会の更新もしてきた。数年目なので手拭いとカードケースをプレゼントしてくれたたが、カードケースは一見したところ、ちょっとムムム…、、でも開いてびっくり、なんと和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌番外編:青島広志の音楽教室

日曜日に軽井沢の大賀ホールで行われた「青島広志のブルーアイランド音楽教室」に行った。 1時半授業開始。 音楽教室といってもコンサートで、青島さんがピアノを弾きながらいろいろな曲の解説をし、それが落語調で爆笑だった。ピアノもよし 共演の小野つとむ氏のテノールもよかった。 ただ、スキー帰りに急遽寄ったため家族三人分を当日券で買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:上野、鈴本演芸場

今日は家族で上野の鈴本演芸場に行った。 まずは伊豆栄不忍亭で鰻重を食べる。一番安いのが千円台であり、ホッとする。 伊豆栄でゆっくりしたため、鈴本には仲入り後からの入場となった。 入ったら、ものまねの江戸屋小猫。メジロの鳴き声が「サッポロラーメン味噌ラーメン」とかウグイスの鳴き声がうまい。笑わせる。流石。 次は、眼鏡曇っち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:クリスマス直前の末廣亭

今日は家族で新宿末廣亭に行った。末廣亭友の会に入っているため、二人分は招待券でただ。ドラおの子供分だけで入れた。 ちょうどお昼に新宿に着いたので末広通りにある、てんぷら天春で天丼を食べた。油っこくなくおいしかった。 12時半頃に末廣亭に入る。椅子席は既に満席で桟敷席の後ろの方に座る。混んでいて驚いた。テレビも来ていた。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:師走の末廣亭

やはり年末は落語ということで、仕事帰りに新宿末廣亭に寄った。 入場締切のぎりぎりで入ったが、忘年会ピークということで、最近にしては空いていた。 今日聞いた噺は、三遊亭遊吉の 、三遊亭小園右の味噌蔵、俗曲の檜山うめ吉は比較的若い三味線弾きだ。主任は春風亭小柳枝の抜け雀。愉快だし、感動した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:久々の末広亭

先週の水曜日、職場の仲間と末広亭に行った。春以来、久々の寄席。 ちょうど新真打の昇進披露を行っていた。当日は、春風亭栄助改メ百栄の真打昇進披露があった。 新真打口上の途中より入場したが一杯だった。先に入っていた仲間は、その前に桂文楽の「六尺棒」を聞いたとのこと。聞けずに残念。 当日聞けた話は、古典では春風亭百栄の「お血脈(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:今年初の末廣亭

今日は仕事帰りに職場の友人と寄席に行った。 7時過ぎに着いたが、まだ割引ではなかった。しかし、友の会料金にて入場。 ぴろきを楽しみにしていたが残念ながら代役だった。でも代役の漫才の「陽星」も面白かった。 今日聞いた噺は、 三遊亭遊史郎の「真田小僧」。三遊亭笑遊の「片棒」、三遊亭遊三の「替わり目」、主任は三遊亭栄馬の「夢金」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

寄席日誌:昇太たい平二人会

今日は住んでる市のホールで落語会があった。 こんな所まで笑点メンバーが来てくれて感謝。畑に寄ってから落語を聞いた。 最初に開口一番。前座の春風亭昇吉が「子ほめ」を話した。まさにただで酒が飲みたい奴の話。 次の噺は、林家たい平「紙屑屋」。実はたい平の紙屑屋は三度目。しかし、たい平のまくらはパワフルでおもしろい。蕎麦とうどんとカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌:木久扇木久蔵W襲名

今日は家族で林家木久扇、二代目木久蔵の親子襲名披露興行に行ってきた。 春風亭昇太も来た。予定では春風亭小朝も来るはずだったが、来れなくなり代わりに桂歌丸と林家たい平が来た。ロビーでは木久扇と木久蔵が木久蔵ラーメンやお土産を売っていた。家族揃って握手してもらった。 最初に口上。笑点メンバーが揃っていたため大喜利のようで爆笑。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

寄席日誌:末廣亭今年の千秋楽

ドラ母と末廣亭に行った。今日は今年の通常興行の最終日。夕方6時に入り前の方の席が空いていたので座れたがほぼ満席状態。係りの人に案内されたがまくらの最中だったためネタにされてしまった・・ 今日聞いた噺は、桃月亭白酒「つる」、入船亭扇治「引っ越しの夢」、柳家小えん治「堪忍袋」、五街道雲助「粗忽の釘」、古今亭菊志ん「義眼」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席日誌

今日は帰りに新宿末廣亭に寄った。末廣亭に行くのは夏以来。 新宿に着いたのは午後7時を過ぎていたのですでに割引料金になっていた。しかし、末広亭友の会は実にお得。会費一万円で今後一年間は入場時間に関係なく割引料金になる。さらに年に四枚の招待券もあり。今日はそのうちの一枚を使用。入会時には湯飲み茶碗と扇子をプレゼント。 今日聞いた噺は、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more